国家の品格
最近本屋で手にして、軽い気持ちで買って読んでみました。
実際薄い本なので、1〜2時間の空き時間があればすぐに読んでしまえる内容なのですが、中身はなかなかそれ以上にいいものだったと思いました。
数学者である著者は、論理だけではない情緒の部分での文化理解というものまでを、自身の立場を明確に「これは絶対に正しい」という姿勢で述べています。故に賛否両論もある内容でもあるようですが、私としては、こういう考えにとても同感であったし、同時にそれは至極当然だなぁという気持ちも沸きました。

愛国心というと、日本人である私たちはどこか右よりな、偏ったものを感じがちだと思うのですが、確かに日本でいう愛国心はあまりに広い意味を含んでいるのだと思います。その広さ故に、よからぬもの的な方の認識に傾きがちなこの愛国心について、改めて、斬新な視点から論じているところがとても興味深いと思いました。
そうですよね、思えば私も当然愛国心というものがあって、やはり国歌を聞けば胸の奥からこみ上げてくるものがあり、遠く離れれば郷愁の念に自然と襲われるものでした。それは世界中誰しもごく当たり前に持って生きているものなのに、どうしてこの国ではそういった愛国心のどこか後ろめたさが影を落としているのでしょうか。著者の言うとおり、日本語でも'Nationalist'と'Patriot'の違いを示す言葉があれば、もっと気持ちよく言えるのだろうかと思います。

読んでみると、日本人だからということにかかわりなく、この国に住み、この国の文化に触れたことのある方ならきっと彼の主張を理解できるだろうし、また誰もが愛国心について改めて考えることができると思います。極論もないわけではないけれど、一つの考えとして読むのに十分値する本です。
話題になった本でもあるので、話のネタにいかが?
books | comments(6) | trackbacks(0)
entry_bottom
ダ・ヴィンチコード
近頃映画が公開されて、かなり話題になっていますね!私はこの原作のダン・ブラウンの小説を、1年半前に海外の空港で手にとって以来、まったく手をつけずに書棚にしまっておいていました。それから韓国へ行き、韓国語の勉強をするようになって更に手をつけないまま、折角余暇に読もうと思いながらも、ある友達に貸したまま帰国してしまったという・・・なんという縁のなさ(笑)

しかし、近頃こうして話題になってからというもの、日本でそれはそれは興味を引く見事な構成の特番がいくつも放送されていて、本当に目が離せないほど面白いと思いました。不思議なことに、私は昔から過去の尊敬する偉人の一人がレオナルド・ダ・ヴィンチだったのです。その天才、多才ぶりもさることながら、謎めいた生涯に多くの関心を持っていたのでした。

それにしてもこれほど探究心を駆られる事象ってあるでしょうか!もうその
特番を見て、今すぐにでもヨーロッパの各地にある暗号の土地や人物など、実際にこの目で確かめに飛んで行きたいと思ったほど。2年前にフランスを旅行したときに見たモナ・リザの肖像には本当に吸い込まれるような強い引力をこの身で感じましたが、それほどにメッセージや暗号が潜んでいたとは・・・という衝撃に今襲われたのです。

確かにこの原作の小説自体には完全な確証があるものばかりではなく、そして現実問題大きな論争を呼ぶほどの内容でもあるのですが、しかし興味の範囲で探究するには十分すぎるほどの話題だと私は思うのです。というわけで、映画を近々見に行こうと思っています♪

*ルーヴルのモナ・リザ前で微笑んでみた私・・・やや怖いですσ(;゚;ё;゚`;)
books | comments(5) | trackbacks(0)
entry_bottom
東京タワー
帰国して、少しづつこちらの近頃の話題等を日に日にアップデートし、
ようやく何とか状況をつかめてきているような今日この頃。
いくら海外にいたとしても、やっぱりインターネットの恩恵にあずかり、その日その日のニュースや情報にはいとも簡単に触れられてはいたものなのです。
それでも新聞やテレビ等のメディアや世論などによって知りえる情報の立体感と比べると、どうも厚みがないのが現状であり、やはりこうして身にしみる感覚までは知りえないものなのですよね。まぁ海外にいるのだから当然なのでしょうが。

そんな中、近頃話題の書を一冊読んでみました。
リリー・フランキーの『東京タワー』。
全国の本屋さんが売りたい本ランキング1位だとか、何だとか、それはもう色んな評判を聞いたうえで読んでみたわけですが。
2日で一気に読んでしまいました。
初めのくだりを少し読んだときから、これは読んだら止まらないだろうなと思い、まとまった時間のある時が来るまで・・・と買って数日置いてあったのです。

本当に胸にぐっとくる作品でした。
おそらく彼と同世代の方や、特に男性の方々にとってはかなり感動的な話なのでは。
私にとって大きく共感できる部分が数多くあったというわけではないのですが、
ところどころでこのリリー・フランキーという方の哲学だったり観点だったりことつぶさに窺い知れる文章に触れるたびに、とても胸を打たれ、思い知らされ、諭され・・・
そしてふと気づけば、涙が出そうになるほど感動していたという。
この作者、私が言うのも変ですが、本当に賢いし、センスが抜群だなぁと思うのです。
久々にいい書物に出会えたというのが感想なのでした。

実は韓国でも一冊『東京タワー』なるものを買って読んでみてはいたのでした。
それは、江國香織のあの映画にもなった作品の韓国語版。
何か一つ韓国語の本を読んでみようと、翻訳版を買ってしまったという。
でもこちらはあまり読み進んでいない・・・
読破するにはかなりまとまった時間が必要そうで・・・汗
books | comments(5) | trackbacks(0)
entry_bottom
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
Voice of EARTH(DVD付)
Voice of EARTH(DVD付) (JUGEMレビュー »)
alan
久々に涙した歌声。すごいディーヴァですね。
RECOMMEND
BEST of CRYSTAL KAY
BEST of CRYSTAL KAY (JUGEMレビュー »)
Crystal Kay,Crystal Kay loves M-FLO,Crystal Kay×CHEMISTRY,VERBAL,BoA
せつない曲がたまんない・・・
RECOMMEND
ALL MY BEST(通常盤)(2CD)
ALL MY BEST(通常盤)(2CD) (JUGEMレビュー »)
倉木麻衣
懐かしい曲ばっかだわ〜
RECOMMEND
NUMBER ONES [DVD]
NUMBER ONES [DVD] (JUGEMレビュー »)

Human Natureがお気に入り★
マイケルは不滅です・・・
RECOMMEND
BEST FICTION(DVD付)
BEST FICTION(DVD付) (JUGEMレビュー »)
安室奈美恵
同い歳だし・・・いつの時代も変わらず輝き続ける彼女にたくさんの勇気と刺激をもらってる。
RECOMMEND
私の頭の中の消しゴム
私の頭の中の消しゴム (JUGEMレビュー »)
チョン・ウソン
大好きな韓国映画のひとつ。
ストーリーも出演者もよい★
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search